【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

2017年7月7日

【軽キャンピングカー 用品情報】これ1台で、ポータブルクーラーと保冷庫を兼ね備える画期的な用品『冷え蔵』!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『ポータブルクーラー 冷え蔵』について取り上げてみます。

真夏や梅雨時の車中泊で一番つらいのがあつさです。特に日本の夏はむし暑く翌朝のダルさの原因になってしまいます。
そんな寝苦しさを解消してくれる用品が、この『冷え蔵』です。

軽のキャンピングカーやミニバンで車中泊をするときに、勿論エンジンは切っていますよね。
でも外気がムゥーとしたサウナ状態。オプションや外付けのクーラーを付けるにしても、
バッテリーが持たないし、設置場所がないのが現状です。
そのため、標高の高くて涼しい場所に車を移動せざるをえないのが現状です。

小型・軽量で持ち運びも楽々で置く場所も選びません。シガーライターより給電するタイプで、
キャンピングカーに搭載してある105ah程度のサブバッテリーであれば何十時間も稼動可能な低消費電力仕様の用品です。
ワンボックスなどサブバッテリーシステムのない車両はネットショップなどで売られているポータブル電源でも使用可能です。
吹出し口に温度計付・風力はツマミで調整出来ます。

消費電力を抑えているので家庭用のエアコンやお車のエアコンと同等の能力というわけには行きませんが、
これがあるのとないのとでは、真夏のキャンピングカーライフが大きく変わります。

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/

ポータブルクーラー 『冷え蔵』


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
持ち運び用のハンドルがついています。ハンドルは取り外しが可能です。

サブバッテリーなら何十時間も稼動


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
吸気口から取り入れた外気が氷で冷やされ、排気ファンから涼風を運びます。

小型で軽くて持ち運びも楽々


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
サイズ:幅 約55×奥行 約30×高さ 約31cm
中央に温度計付き。


追記2017.07

そして!
あの冷え蔵が進化を遂げて帰ってきた!

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

先日ご紹介させていただき、皆さん夏の車中泊を快適にできるアイテムに
人気があるため、大反響をいただいたあの冷え蔵の第二段が発表になりました。

今回の冷え蔵は基本的には家庭用エアコンの構造と一緒です。
唯一異なる点は、家庭用エアコンの冷媒にはフロンガスを使いますが、冷え蔵では冷媒にコンピニやスーパーで入手可能なブロックアイスや氷に水を使用します。
これで軽キャンやバンコンなどの室内(約6㎡)温度を3℃~5℃下げることができます。

これは画期的です、ブロックアイスや氷で冷えた冷水がラジエターを通り、それをファンで強制的に熱交換した冷気だけが送風されるシステムです。
冷媒にフロンガスを使っていないため環境にも優しく熱交換によって暖められた水分はブロックアイスや氷のあるクーラーボックス内で再度冷やされてまたラジエター内を循環するため熱風や排水が出ないので密閉された車内でも安心して使用ができます。

この夏は進化した冷え蔵で快適な車中泊になれば、軽キャンの旅もまた楽しくなりそうですね。

ポータブルクーラー 冷え蔵II
URL:http://www.stage21.co.jp/campdev/goods/portable_cooler.html

2017年7月7日
15,347 views

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

【軽キャンピングカー 用品情報】これ1台で、ポータブルクーラーと保冷庫を兼ね備える画期的な用品『冷え蔵』!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『ポータブルクーラー 冷え蔵』について取り上げてみます。

真夏や梅雨時の車中泊で一番つらいのがあつさです。特に日本の夏はむし暑く翌朝のダルさの原因になってしまいます。
そんな寝苦しさを解消してくれる用品が、この『冷え蔵』です。

軽のキャンピングカーやミニバンで車中泊をするときに、勿論エンジンは切っていますよね。
でも外気がムゥーとしたサウナ状態。オプションや外付けのクーラーを付けるにしても、
バッテリーが持たないし、設置場所がないのが現状です。
そのため、標高の高くて涼しい場所に車を移動せざるをえないのが現状です。

小型・軽量で持ち運びも楽々で置く場所も選びません。シガーライターより給電するタイプで、
キャンピングカーに搭載してある105ah程度のサブバッテリーであれば何十時間も稼動可能な低消費電力仕様の用品です。
ワンボックスなどサブバッテリーシステムのない車両はネットショップなどで売られているポータブル電源でも使用可能です。
吹出し口に温度計付・風力はツマミで調整出来ます。

消費電力を抑えているので家庭用のエアコンやお車のエアコンと同等の能力というわけには行きませんが、
これがあるのとないのとでは、真夏のキャンピングカーライフが大きく変わります。

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/

ポータブルクーラー 『冷え蔵』


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
持ち運び用のハンドルがついています。ハンドルは取り外しが可能です。

サブバッテリーなら何十時間も稼動


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
吸気口から取り入れた外気が氷で冷やされ、排気ファンから涼風を運びます。

小型で軽くて持ち運びも楽々


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
サイズ:幅 約55×奥行 約30×高さ 約31cm
中央に温度計付き。


追記2017.07

そして!
あの冷え蔵が進化を遂げて帰ってきた!

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

先日ご紹介させていただき、皆さん夏の車中泊を快適にできるアイテムに
人気があるため、大反響をいただいたあの冷え蔵の第二段が発表になりました。

今回の冷え蔵は基本的には家庭用エアコンの構造と一緒です。
唯一異なる点は、家庭用エアコンの冷媒にはフロンガスを使いますが、冷え蔵では冷媒にコンピニやスーパーで入手可能なブロックアイスや氷に水を使用します。
これで軽キャンやバンコンなどの室内(約6㎡)温度を3℃~5℃下げることができます。

これは画期的です、ブロックアイスや氷で冷えた冷水がラジエターを通り、それをファンで強制的に熱交換した冷気だけが送風されるシステムです。
冷媒にフロンガスを使っていないため環境にも優しく熱交換によって暖められた水分はブロックアイスや氷のあるクーラーボックス内で再度冷やされてまたラジエター内を循環するため熱風や排水が出ないので密閉された車内でも安心して使用ができます。

この夏は進化した冷え蔵で快適な車中泊になれば、軽キャンの旅もまた楽しくなりそうですね。

ポータブルクーラー 冷え蔵II
URL:http://www.stage21.co.jp/campdev/goods/portable_cooler.html

Post navigation


関連記事



ハイエースキャンピングカー特集



【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

2017年7月7日

【軽キャンピングカー 用品情報】これ1台で、ポータブルクーラーと保冷庫を兼ね備える画期的な用品『冷え蔵』!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『ポータブルクーラー 冷え蔵』について取り上げてみます。

真夏や梅雨時の車中泊で一番つらいのがあつさです。特に日本の夏はむし暑く翌朝のダルさの原因になってしまいます。
そんな寝苦しさを解消してくれる用品が、この『冷え蔵』です。

軽のキャンピングカーやミニバンで車中泊をするときに、勿論エンジンは切っていますよね。
でも外気がムゥーとしたサウナ状態。オプションや外付けのクーラーを付けるにしても、
バッテリーが持たないし、設置場所がないのが現状です。
そのため、標高の高くて涼しい場所に車を移動せざるをえないのが現状です。

小型・軽量で持ち運びも楽々で置く場所も選びません。シガーライターより給電するタイプで、
キャンピングカーに搭載してある105ah程度のサブバッテリーであれば何十時間も稼動可能な低消費電力仕様の用品です。
ワンボックスなどサブバッテリーシステムのない車両はネットショップなどで売られているポータブル電源でも使用可能です。
吹出し口に温度計付・風力はツマミで調整出来ます。

消費電力を抑えているので家庭用のエアコンやお車のエアコンと同等の能力というわけには行きませんが、
これがあるのとないのとでは、真夏のキャンピングカーライフが大きく変わります。

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/

ポータブルクーラー 『冷え蔵』


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
持ち運び用のハンドルがついています。ハンドルは取り外しが可能です。

サブバッテリーなら何十時間も稼動


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
吸気口から取り入れた外気が氷で冷やされ、排気ファンから涼風を運びます。

小型で軽くて持ち運びも楽々


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
サイズ:幅 約55×奥行 約30×高さ 約31cm
中央に温度計付き。


追記2017.07

そして!
あの冷え蔵が進化を遂げて帰ってきた!

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

先日ご紹介させていただき、皆さん夏の車中泊を快適にできるアイテムに
人気があるため、大反響をいただいたあの冷え蔵の第二段が発表になりました。

今回の冷え蔵は基本的には家庭用エアコンの構造と一緒です。
唯一異なる点は、家庭用エアコンの冷媒にはフロンガスを使いますが、冷え蔵では冷媒にコンピニやスーパーで入手可能なブロックアイスや氷に水を使用します。
これで軽キャンやバンコンなどの室内(約6㎡)温度を3℃~5℃下げることができます。

これは画期的です、ブロックアイスや氷で冷えた冷水がラジエターを通り、それをファンで強制的に熱交換した冷気だけが送風されるシステムです。
冷媒にフロンガスを使っていないため環境にも優しく熱交換によって暖められた水分はブロックアイスや氷のあるクーラーボックス内で再度冷やされてまたラジエター内を循環するため熱風や排水が出ないので密閉された車内でも安心して使用ができます。

この夏は進化した冷え蔵で快適な車中泊になれば、軽キャンの旅もまた楽しくなりそうですね。

ポータブルクーラー 冷え蔵II
URL:http://www.stage21.co.jp/campdev/goods/portable_cooler.html

2017年7月7日
15,347 views

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

【軽キャンピングカー 用品情報】これ1台で、ポータブルクーラーと保冷庫を兼ね備える画期的な用品『冷え蔵』!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『ポータブルクーラー 冷え蔵』について取り上げてみます。

真夏や梅雨時の車中泊で一番つらいのがあつさです。特に日本の夏はむし暑く翌朝のダルさの原因になってしまいます。
そんな寝苦しさを解消してくれる用品が、この『冷え蔵』です。

軽のキャンピングカーやミニバンで車中泊をするときに、勿論エンジンは切っていますよね。
でも外気がムゥーとしたサウナ状態。オプションや外付けのクーラーを付けるにしても、
バッテリーが持たないし、設置場所がないのが現状です。
そのため、標高の高くて涼しい場所に車を移動せざるをえないのが現状です。

小型・軽量で持ち運びも楽々で置く場所も選びません。シガーライターより給電するタイプで、
キャンピングカーに搭載してある105ah程度のサブバッテリーであれば何十時間も稼動可能な低消費電力仕様の用品です。
ワンボックスなどサブバッテリーシステムのない車両はネットショップなどで売られているポータブル電源でも使用可能です。
吹出し口に温度計付・風力はツマミで調整出来ます。

消費電力を抑えているので家庭用のエアコンやお車のエアコンと同等の能力というわけには行きませんが、
これがあるのとないのとでは、真夏のキャンピングカーライフが大きく変わります。

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/

ポータブルクーラー 『冷え蔵』


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
持ち運び用のハンドルがついています。ハンドルは取り外しが可能です。

サブバッテリーなら何十時間も稼動


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
吸気口から取り入れた外気が氷で冷やされ、排気ファンから涼風を運びます。

小型で軽くて持ち運びも楽々


【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!
出典元:http://www.stage21.co.jp/
サイズ:幅 約55×奥行 約30×高さ 約31cm
中央に温度計付き。


追記2017.07

そして!
あの冷え蔵が進化を遂げて帰ってきた!

【おススメ キャンピングカー用品】『ポータブルクーラー 冷え蔵』装着で夏の車中泊も快適空間に!!

先日ご紹介させていただき、皆さん夏の車中泊を快適にできるアイテムに
人気があるため、大反響をいただいたあの冷え蔵の第二段が発表になりました。

今回の冷え蔵は基本的には家庭用エアコンの構造と一緒です。
唯一異なる点は、家庭用エアコンの冷媒にはフロンガスを使いますが、冷え蔵では冷媒にコンピニやスーパーで入手可能なブロックアイスや氷に水を使用します。
これで軽キャンやバンコンなどの室内(約6㎡)温度を3℃~5℃下げることができます。

これは画期的です、ブロックアイスや氷で冷えた冷水がラジエターを通り、それをファンで強制的に熱交換した冷気だけが送風されるシステムです。
冷媒にフロンガスを使っていないため環境にも優しく熱交換によって暖められた水分はブロックアイスや氷のあるクーラーボックス内で再度冷やされてまたラジエター内を循環するため熱風や排水が出ないので密閉された車内でも安心して使用ができます。

この夏は進化した冷え蔵で快適な車中泊になれば、軽キャンの旅もまた楽しくなりそうですね。

ポータブルクーラー 冷え蔵II
URL:http://www.stage21.co.jp/campdev/goods/portable_cooler.html

Post navigation

オススメキャンピングカー
お手軽価格!軽キャンピングカーが欲しい貴方へ!
価格:134.8万円
キャンプ用装備充実!これ一台あれば楽々車中泊!
価格:154.8万円

関連記事