【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!

2016年10月25日

【軽キャンピングカー 用品情報】機能とデザインを両立し、2名就寝できるエレベータータイプのポップアップルーフ!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『エレベータールーフ』について取り上げてみます。
走行中はコンパクトに、宿泊時は広々と。そんな都合のいい要求に応えてくれる用品が『エレベータールーフ』です。

エレベータールーフとは、車の屋根部分を改良して取り付けるテントの一種で、折りたたんでしまえば、
普通の車の状態とほぼ変わりません。使うときには天井(ルーフ)が持ち上がり(ポップアップ)、
室内の天井高が高くなるというわけです。
エレベータールーフがもっともよく採用されているのは、今人気の軽キャンパー(軽自動車ベースのキャンピングカー)でしょう。
軽自動車として登録するには、キャンピングカーであろうとなかろうと、排気量(660cc以下)、サイズ(長さ3.40m、幅1.48m、高さ2.00m)、乗車定員(4人まで)が決められています。
大人4人が寝られるキャンピングカーにしようとしても、そのままではどうしても狭いので、寝るときだけ天井を持ち上げる、
エレベータールーフを採用していることが多いのです。
(エレベータールーフを閉じた状態で規定寸法に収まっていれば、軽自動車として登録できます。)
もちろん、軽キャンパー以外にも、バンコンなどに装備例は数々ありますが、人気のハイエースベースなどでは、
そもそもの天井高があるため、それよりもむしろ、ミニバンをベースにした車両に多いようです。
エレベータールーフは屋根全体が平行に持ち上がるタイプで、斜めタイプほど高くは持ち上げられませんが、
全体が同じだけ上がるので。居住性としては広く感じやすい用品です。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://ameblo.jp/ayayanapple5010/

さらに詳しく解説すると…


素材

屋根部分はFRP(プラスチックを繊維で強化したもの)で、周囲(壁に相当する部分)は布になっています。テントのようなナイロン生地を使用する場合もあれば、やや厚地のウェットスーツのようなウレタンフォームや発砲ゴムに布を貼った素材を使用することもあります。

操作

基本的には手動で開閉するタイプが多いですが、女性が一人でも十分操作できる程度の軽さです。最近では電動タイプも出てきました。

雨・風・耐熱

エレベータールーフを使用中に雨が降り出しても大丈夫です。よほどの暴風雨でなければ問題ないといえるでしょう。基本、テントと同じ程度だと考えてよさそうです。また、採光用 兼 風通しの窓がついていますので、ある程度の明るさや喚起にも配慮されています。暑さ・寒さはテント並みです。断熱材が使われている通常のキャンピングカーの居室のようなわけには行きませんが、寒さについては車内のヒーターの暖かい空気が上昇して、ある程度の温度が確保できます。シュラフや防寒着をしっかり用意すれば冬のスキーだって問題ありません。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

最後に簡単にメリット・デメリットについてまとめてみました。


メリット

・ 普段はコンパクトなので使い勝手がよい。立体駐車場もOK!!
・ 居住性がよい。天井高が少しでも高いほうが車内でくつろぐのも居心地がよい。
・ 就寝スペースが広い。小さなキャンピングカーでも効率よくスペースが生かせる。

デメリット

・ 天井を除けば『布』なので、断熱、防音性は低い。
・ 出入りが大変。屋根によじ登るようにして出入りするので、上下の行き来が面倒。
・ 手入れが必要。雨に濡れたら乾かす、必要に応じて防水スプレーをかけるなどのメンテナンスが欠かせません


【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

2016年10月25日
1,225 views

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!

【軽キャンピングカー 用品情報】機能とデザインを両立し、2名就寝できるエレベータータイプのポップアップルーフ!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『エレベータールーフ』について取り上げてみます。
走行中はコンパクトに、宿泊時は広々と。そんな都合のいい要求に応えてくれる用品が『エレベータールーフ』です。

エレベータールーフとは、車の屋根部分を改良して取り付けるテントの一種で、折りたたんでしまえば、
普通の車の状態とほぼ変わりません。使うときには天井(ルーフ)が持ち上がり(ポップアップ)、
室内の天井高が高くなるというわけです。
エレベータールーフがもっともよく採用されているのは、今人気の軽キャンパー(軽自動車ベースのキャンピングカー)でしょう。
軽自動車として登録するには、キャンピングカーであろうとなかろうと、排気量(660cc以下)、サイズ(長さ3.40m、幅1.48m、高さ2.00m)、乗車定員(4人まで)が決められています。
大人4人が寝られるキャンピングカーにしようとしても、そのままではどうしても狭いので、寝るときだけ天井を持ち上げる、
エレベータールーフを採用していることが多いのです。
(エレベータールーフを閉じた状態で規定寸法に収まっていれば、軽自動車として登録できます。)
もちろん、軽キャンパー以外にも、バンコンなどに装備例は数々ありますが、人気のハイエースベースなどでは、
そもそもの天井高があるため、それよりもむしろ、ミニバンをベースにした車両に多いようです。
エレベータールーフは屋根全体が平行に持ち上がるタイプで、斜めタイプほど高くは持ち上げられませんが、
全体が同じだけ上がるので。居住性としては広く感じやすい用品です。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://ameblo.jp/ayayanapple5010/

さらに詳しく解説すると…


素材

屋根部分はFRP(プラスチックを繊維で強化したもの)で、周囲(壁に相当する部分)は布になっています。テントのようなナイロン生地を使用する場合もあれば、やや厚地のウェットスーツのようなウレタンフォームや発砲ゴムに布を貼った素材を使用することもあります。

操作

基本的には手動で開閉するタイプが多いですが、女性が一人でも十分操作できる程度の軽さです。最近では電動タイプも出てきました。

雨・風・耐熱

エレベータールーフを使用中に雨が降り出しても大丈夫です。よほどの暴風雨でなければ問題ないといえるでしょう。基本、テントと同じ程度だと考えてよさそうです。また、採光用 兼 風通しの窓がついていますので、ある程度の明るさや喚起にも配慮されています。暑さ・寒さはテント並みです。断熱材が使われている通常のキャンピングカーの居室のようなわけには行きませんが、寒さについては車内のヒーターの暖かい空気が上昇して、ある程度の温度が確保できます。シュラフや防寒着をしっかり用意すれば冬のスキーだって問題ありません。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

最後に簡単にメリット・デメリットについてまとめてみました。


メリット

・ 普段はコンパクトなので使い勝手がよい。立体駐車場もOK!!
・ 居住性がよい。天井高が少しでも高いほうが車内でくつろぐのも居心地がよい。
・ 就寝スペースが広い。小さなキャンピングカーでも効率よくスペースが生かせる。

デメリット

・ 天井を除けば『布』なので、断熱、防音性は低い。
・ 出入りが大変。屋根によじ登るようにして出入りするので、上下の行き来が面倒。
・ 手入れが必要。雨に濡れたら乾かす、必要に応じて防水スプレーをかけるなどのメンテナンスが欠かせません


【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

Post navigation


関連記事



ハイエースキャンピングカー特集



【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!

2016年10月25日

【軽キャンピングカー 用品情報】機能とデザインを両立し、2名就寝できるエレベータータイプのポップアップルーフ!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『エレベータールーフ』について取り上げてみます。
走行中はコンパクトに、宿泊時は広々と。そんな都合のいい要求に応えてくれる用品が『エレベータールーフ』です。

エレベータールーフとは、車の屋根部分を改良して取り付けるテントの一種で、折りたたんでしまえば、
普通の車の状態とほぼ変わりません。使うときには天井(ルーフ)が持ち上がり(ポップアップ)、
室内の天井高が高くなるというわけです。
エレベータールーフがもっともよく採用されているのは、今人気の軽キャンパー(軽自動車ベースのキャンピングカー)でしょう。
軽自動車として登録するには、キャンピングカーであろうとなかろうと、排気量(660cc以下)、サイズ(長さ3.40m、幅1.48m、高さ2.00m)、乗車定員(4人まで)が決められています。
大人4人が寝られるキャンピングカーにしようとしても、そのままではどうしても狭いので、寝るときだけ天井を持ち上げる、
エレベータールーフを採用していることが多いのです。
(エレベータールーフを閉じた状態で規定寸法に収まっていれば、軽自動車として登録できます。)
もちろん、軽キャンパー以外にも、バンコンなどに装備例は数々ありますが、人気のハイエースベースなどでは、
そもそもの天井高があるため、それよりもむしろ、ミニバンをベースにした車両に多いようです。
エレベータールーフは屋根全体が平行に持ち上がるタイプで、斜めタイプほど高くは持ち上げられませんが、
全体が同じだけ上がるので。居住性としては広く感じやすい用品です。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://ameblo.jp/ayayanapple5010/

さらに詳しく解説すると…


素材

屋根部分はFRP(プラスチックを繊維で強化したもの)で、周囲(壁に相当する部分)は布になっています。テントのようなナイロン生地を使用する場合もあれば、やや厚地のウェットスーツのようなウレタンフォームや発砲ゴムに布を貼った素材を使用することもあります。

操作

基本的には手動で開閉するタイプが多いですが、女性が一人でも十分操作できる程度の軽さです。最近では電動タイプも出てきました。

雨・風・耐熱

エレベータールーフを使用中に雨が降り出しても大丈夫です。よほどの暴風雨でなければ問題ないといえるでしょう。基本、テントと同じ程度だと考えてよさそうです。また、採光用 兼 風通しの窓がついていますので、ある程度の明るさや喚起にも配慮されています。暑さ・寒さはテント並みです。断熱材が使われている通常のキャンピングカーの居室のようなわけには行きませんが、寒さについては車内のヒーターの暖かい空気が上昇して、ある程度の温度が確保できます。シュラフや防寒着をしっかり用意すれば冬のスキーだって問題ありません。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

最後に簡単にメリット・デメリットについてまとめてみました。


メリット

・ 普段はコンパクトなので使い勝手がよい。立体駐車場もOK!!
・ 居住性がよい。天井高が少しでも高いほうが車内でくつろぐのも居心地がよい。
・ 就寝スペースが広い。小さなキャンピングカーでも効率よくスペースが生かせる。

デメリット

・ 天井を除けば『布』なので、断熱、防音性は低い。
・ 出入りが大変。屋根によじ登るようにして出入りするので、上下の行き来が面倒。
・ 手入れが必要。雨に濡れたら乾かす、必要に応じて防水スプレーをかけるなどのメンテナンスが欠かせません


【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

2016年10月25日
1,225 views

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!

【軽キャンピングカー 用品情報】機能とデザインを両立し、2名就寝できるエレベータータイプのポップアップルーフ!!

今回の用品は、人気の軽キャンパーに多い装備、『エレベータールーフ』について取り上げてみます。
走行中はコンパクトに、宿泊時は広々と。そんな都合のいい要求に応えてくれる用品が『エレベータールーフ』です。

エレベータールーフとは、車の屋根部分を改良して取り付けるテントの一種で、折りたたんでしまえば、
普通の車の状態とほぼ変わりません。使うときには天井(ルーフ)が持ち上がり(ポップアップ)、
室内の天井高が高くなるというわけです。
エレベータールーフがもっともよく採用されているのは、今人気の軽キャンパー(軽自動車ベースのキャンピングカー)でしょう。
軽自動車として登録するには、キャンピングカーであろうとなかろうと、排気量(660cc以下)、サイズ(長さ3.40m、幅1.48m、高さ2.00m)、乗車定員(4人まで)が決められています。
大人4人が寝られるキャンピングカーにしようとしても、そのままではどうしても狭いので、寝るときだけ天井を持ち上げる、
エレベータールーフを採用していることが多いのです。
(エレベータールーフを閉じた状態で規定寸法に収まっていれば、軽自動車として登録できます。)
もちろん、軽キャンパー以外にも、バンコンなどに装備例は数々ありますが、人気のハイエースベースなどでは、
そもそもの天井高があるため、それよりもむしろ、ミニバンをベースにした車両に多いようです。
エレベータールーフは屋根全体が平行に持ち上がるタイプで、斜めタイプほど高くは持ち上げられませんが、
全体が同じだけ上がるので。居住性としては広く感じやすい用品です。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://ameblo.jp/ayayanapple5010/

さらに詳しく解説すると…


素材

屋根部分はFRP(プラスチックを繊維で強化したもの)で、周囲(壁に相当する部分)は布になっています。テントのようなナイロン生地を使用する場合もあれば、やや厚地のウェットスーツのようなウレタンフォームや発砲ゴムに布を貼った素材を使用することもあります。

操作

基本的には手動で開閉するタイプが多いですが、女性が一人でも十分操作できる程度の軽さです。最近では電動タイプも出てきました。

雨・風・耐熱

エレベータールーフを使用中に雨が降り出しても大丈夫です。よほどの暴風雨でなければ問題ないといえるでしょう。基本、テントと同じ程度だと考えてよさそうです。また、採光用 兼 風通しの窓がついていますので、ある程度の明るさや喚起にも配慮されています。暑さ・寒さはテント並みです。断熱材が使われている通常のキャンピングカーの居室のようなわけには行きませんが、寒さについては車内のヒーターの暖かい空気が上昇して、ある程度の温度が確保できます。シュラフや防寒着をしっかり用意すれば冬のスキーだって問題ありません。

【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

最後に簡単にメリット・デメリットについてまとめてみました。


メリット

・ 普段はコンパクトなので使い勝手がよい。立体駐車場もOK!!
・ 居住性がよい。天井高が少しでも高いほうが車内でくつろぐのも居心地がよい。
・ 就寝スペースが広い。小さなキャンピングカーでも効率よくスペースが生かせる。

デメリット

・ 天井を除けば『布』なので、断熱、防音性は低い。
・ 出入りが大変。屋根によじ登るようにして出入りするので、上下の行き来が面倒。
・ 手入れが必要。雨に濡れたら乾かす、必要に応じて防水スプレーをかけるなどのメンテナンスが欠かせません


【おススメ キャンピングカー用品】『エレベータールーフ』装着で広々空間に!!
出典元:http://keicampingcarfan.com/

Post navigation

オススメキャンピングカー
お手軽価格!軽キャンピングカーが欲しい貴方へ!
価格:134.8万円
キャンプ用装備充実!これ一台あれば楽々車中泊!
価格:154.8万円

関連記事