【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

2017年6月21日

今回のキャンピングカーパーツはこれ!

ローマのグローブ職人であったマッテオ・ビアンキがイタリアから西部開拓時代であった

1848年に渡米し会社を設立。1960年代、4代目に当たるゲイリー・キャンベルは、当時

縫い糸に使用されていた絹糸や綿糸などのほつれに悩み、デュポン社にKEVLAR(ケプラー)

と呼ばれる538℃まで耐熱性があり鉄と比べても5倍の強度を誇る魔法の繊維を

グローブの縫い糸に使用。これにより、糸の切れやほつれといった悩みを解消。さらに、

もしもほつれたたり切れたりした場合は無料修理するというシステムを導入した。

83年に日本に導入されるやいなや、アウトドアマニアたちによる口コミにより瞬く間に

人気を博す。その一方、欧米人サイズは日本人にフィットしにくいとの問題点も浮上。

そこで、85年より日本人に合うよう日本製のグローブが誕生することになった。

日本人の手に合うよう裁断型も考えられ、皮革もソフトな北米産のステアハイドを

使用し使いやすさが飛躍的に向上。以降、アウトドアはもちろん、ワークグローブや

バイクグローブのパイオニアとして君臨し続けている。

【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

 

http://www.grip-swany.co.jp/?pid=62895789

 

2017年6月21日
20 views

【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

今回のキャンピングカーパーツはこれ!

ローマのグローブ職人であったマッテオ・ビアンキがイタリアから西部開拓時代であった

1848年に渡米し会社を設立。1960年代、4代目に当たるゲイリー・キャンベルは、当時

縫い糸に使用されていた絹糸や綿糸などのほつれに悩み、デュポン社にKEVLAR(ケプラー)

と呼ばれる538℃まで耐熱性があり鉄と比べても5倍の強度を誇る魔法の繊維を

グローブの縫い糸に使用。これにより、糸の切れやほつれといった悩みを解消。さらに、

もしもほつれたたり切れたりした場合は無料修理するというシステムを導入した。

83年に日本に導入されるやいなや、アウトドアマニアたちによる口コミにより瞬く間に

人気を博す。その一方、欧米人サイズは日本人にフィットしにくいとの問題点も浮上。

そこで、85年より日本人に合うよう日本製のグローブが誕生することになった。

日本人の手に合うよう裁断型も考えられ、皮革もソフトな北米産のステアハイドを

使用し使いやすさが飛躍的に向上。以降、アウトドアはもちろん、ワークグローブや

バイクグローブのパイオニアとして君臨し続けている。

【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

 

http://www.grip-swany.co.jp/?pid=62895789

 

Post navigation


関連記事



ハイエースキャンピングカー特集



【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

2017年6月21日

今回のキャンピングカーパーツはこれ!

ローマのグローブ職人であったマッテオ・ビアンキがイタリアから西部開拓時代であった

1848年に渡米し会社を設立。1960年代、4代目に当たるゲイリー・キャンベルは、当時

縫い糸に使用されていた絹糸や綿糸などのほつれに悩み、デュポン社にKEVLAR(ケプラー)

と呼ばれる538℃まで耐熱性があり鉄と比べても5倍の強度を誇る魔法の繊維を

グローブの縫い糸に使用。これにより、糸の切れやほつれといった悩みを解消。さらに、

もしもほつれたたり切れたりした場合は無料修理するというシステムを導入した。

83年に日本に導入されるやいなや、アウトドアマニアたちによる口コミにより瞬く間に

人気を博す。その一方、欧米人サイズは日本人にフィットしにくいとの問題点も浮上。

そこで、85年より日本人に合うよう日本製のグローブが誕生することになった。

日本人の手に合うよう裁断型も考えられ、皮革もソフトな北米産のステアハイドを

使用し使いやすさが飛躍的に向上。以降、アウトドアはもちろん、ワークグローブや

バイクグローブのパイオニアとして君臨し続けている。

【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

 

http://www.grip-swany.co.jp/?pid=62895789

 

2017年6月21日
20 views

【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

今回のキャンピングカーパーツはこれ!

ローマのグローブ職人であったマッテオ・ビアンキがイタリアから西部開拓時代であった

1848年に渡米し会社を設立。1960年代、4代目に当たるゲイリー・キャンベルは、当時

縫い糸に使用されていた絹糸や綿糸などのほつれに悩み、デュポン社にKEVLAR(ケプラー)

と呼ばれる538℃まで耐熱性があり鉄と比べても5倍の強度を誇る魔法の繊維を

グローブの縫い糸に使用。これにより、糸の切れやほつれといった悩みを解消。さらに、

もしもほつれたたり切れたりした場合は無料修理するというシステムを導入した。

83年に日本に導入されるやいなや、アウトドアマニアたちによる口コミにより瞬く間に

人気を博す。その一方、欧米人サイズは日本人にフィットしにくいとの問題点も浮上。

そこで、85年より日本人に合うよう日本製のグローブが誕生することになった。

日本人の手に合うよう裁断型も考えられ、皮革もソフトな北米産のステアハイドを

使用し使いやすさが飛躍的に向上。以降、アウトドアはもちろん、ワークグローブや

バイクグローブのパイオニアとして君臨し続けている。

【おススメ キャンピングカー用品】 特選キャンプギア特集

 

http://www.grip-swany.co.jp/?pid=62895789

 

Post navigation

オススメキャンピングカー
お手軽価格!軽キャンピングカーが欲しい貴方へ!
価格:134.8万円
キャンプ用装備充実!これ一台あれば楽々車中泊!
価格:154.8万円

関連記事