キャンピングカーおすすめのパーツ・用品

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品

キャンピングカーをついに購入し、いざキャンプに温泉にとキャンピングカーで旅に出てみると以外に不便でなかなか思ったように行かないものです。せっかく高いお金を払って買ったのにと落胆してしまうこともあります。

それでも今のキャンピングカーには様々なキャンピングカー専用のパーツやキャンピングカー用品が出ているのです。値段が張るキャンピングカー用品もありますがそれでもキャンパーライフを豊かなものにしてくれるのは確かです。


キャンピングカーでキャンパーライフを豊かにする

キャンピングカーを楽しんで活用するには必需品といえるのではないでしょうか?軽キャンピングカーなんかは車内も狭いので収納や車中泊時に苦労することも多いのでキャンピングカー用品を用いて活用していくのは必須だと思います。

キャンピングカー用品を充実させていくとまったく同じとまではいきませんが自宅にいるのと変わらないような生活と遜色ないレベルにまでできるのです。もちろんキャンピングカー特有の少し不便な感じが味わいたいという方もいると思いますが・・・。

それでもキャンピングカーのパーツについて知っておくだけでも何かと便利だと思うのでここでキャンピングカー用品について知ってみてはいかがでしょうか。

これからキャンピングカーの購入を考えている方もすでにキャンピングカーをお持ちの方も実際にどんなパーツがあってどんなパーツが便利なのか知っていってもらえればと思います。


自分の用途に合ったキャンピングカー

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品

キャンピングカーパーツについて見ていく前に自分がどんな用途でキャンピングカーを使うのかが大切。
キャンピングカーで出かける目的は釣り、キャンプ、旅行、サイクリングなど人によって様々です。

その用途によっても使うであろうキャンピングカー用品は変わってくるはず。車中泊する人なら寒い冬にはFFヒーター、暑い夏ならエアコンなどが欲しくなると思います。またこの2つを使うには電源は必須。電源はどこからとるのか?発電システムは必要か?ソーラーシステムが良いのか?など車中泊で旅行するのに大体どのくらい泊まるかによってもどれが最も良いのか変わってくると思います。

さらに言えばキャンピングカー自体も多くのタイプが出ています。気軽に使える軽キャンピングカーからトラックにキャビン部を取り付けたキャブコンなどでは車内の活用スペースも変わってきますのでそれによって用品が持ち運べない場合もあるので注意しましょう。

まずはキャンピングカーで自分が何をしたいのかを知り、どのタイプのキャンピングカーを購入するかが必要です。

キャンピングカーでどうしたいかが決まったらそのためにはどんなパーツが必要になるのか選んでいきます。

しかしキャンピングカー用品はその数が膨大で何が良いのかどれを選べば良いのかわからなくなってしまいます。本当に必要なパーツは何かをしっかり把握しキャンピングカー用品を順番に揃えていきましょう。

しかしイメージしていたものと違ったなんてことがないようにしたいものですが実際の使い勝手は使ってみないとわかりません。


これだけは用意しておけって言うキャンピングカー用品

これがあったらすごい便利だった。装着しておいて助かったというキャンピングカー用品について、実際に日本RV協会が行なった「装着して一番よかった装備」のアンケートをとりキャンパーたちが装備して一番良かった用品はなんなのかのデータがあります。
そのデータを見てみると一番は圧倒的にFFヒーターとなっています。次いで冷蔵庫やトイレなどが上がってきています。


なんでFFヒーターがこんなに人気があるのか?

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品
出典元:http://campingcarz.com/

実際に使っているキャンパーはわかると思うのですが冷えや暑さに弱いキャンピングカーの車内を暖めることができスノーボードなどをやる方はウェアを乾燥させるのにも役立ちます。キャンピングカーでの生活だけでなく趣味の方でも活躍できるのは強みですね。
キャンピングカーは家よりも寒さに弱くスキー場など行くとかなり冷えてしまいます。その弱い部分をカバーできるのがFFヒーター。
これがあれば車内もかなり暖かくして過ごすことも出来ます。またFFヒーターで使用する燃料もガソリンや軽油や灯油ならガソリンスタンドで簡単に調達できますし旅先で困ることもないので安心して使えますね。


二番目に重宝されているのが冷蔵庫。

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品
出典元:http://www.hiehie.jp/

冷蔵庫に関しては夏場の暑い時期に飲み物や食材など冷やして置けることが役立っているのでしょう。
冷蔵庫は何も飲み物などを冷やして置けるだけではないのも良いポイントですね。
湿布や薬などの事前に冷やして置かなければいけないものも冷蔵庫に入れて保管できるので万が一にも備えて置けるのはとても魅力です。
また冷蔵庫は物によっては温めることもできるので年中使えるキャンピングカー用品と言えます。
冷蔵庫は使い方によってポータブルタイプとビルトインタイプに別れ冷却方法もペルチェ式やコンプレッサー式など多く出ている。


次はポータブルトイレ。

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品
出典元:http://www.ogushow.jp/

キャンピングカーにトイレが必要かどうかは賛否両論ありますが・・・。
どこに行くにしてもトイレには行きたくなるもので高速道路を走行中に渋滞にはまってしまうとトイレまで我慢しないといけないなんて経験は誰にもあるのではありませんか?
そんな時にキャンピングカーだと備え付けのトイレがあったりするのですごい便利になります。備え付けしていなくてもポータブルトイレを用意しておけば緊急の時でも困ることがないです。
しかしこのトイレですがほとんど使用しないという方も中にはいます。最近では道の駅やコンビニなどでといれを借りることができるので必須とまでは行かない人もいます。たしかにあると便利ですが後々の処理なども考えるとなくてもどこでもトイレを借りれる状況だと外で済ますほうが良いかもしれません。
しかし最近では子供やシニアユーザーも多く需要があるのはたしかです。災害時などにもポータブルトイレがあると便利なので着けておくのも良いかもしれません。


ルームエアコンは本当に必要か

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品
出典元:http://blog.indiana-rv.net/

トイレの次に来るのがルームエアコンとなっています。

最近では家庭用のルームエアコンを装備するのが普及していき標準装備されているキャンピングカーも増えてきました。コストや消費電力の低下などによりキャンピングカーに搭載するのが増えてきたからだと思われる。

夏場はバンコンなどだと鉄板で囲まれていて車内の温度が上がりやすくなるので炎天下ではエアコンなしだとつらい状況

また室外機の設置場所などの問題がありスペースに余裕のないキャンピングカーだと搭載が難しいのが現状である。また消費電力が少なくなってきていると言われていてもキャンピングカーに装備するには電力の消費が気になる所です。サブバッテリーでさえ数時間ていど稼働させるのでいっぱいになってしまう。サブバッテリー以外から電源をとるとなると外部電源、発電機など必要になってくるのでまた設置場所にも苦労してしまう。発電機を使うと騒音や排気ガスが出てくるのでアイドリングしていなくても騒音になってくるので注意も必要になってくる。

さらにエアコンを買うとなると数十万円とかなりのコストがかかってしまうのもネックとなる。

しかしながら夏場の車内はかなり暑くエアコンは必須とも言えます。備え付けのカーエアコンだと車内全体を冷やすことも難しく、車中泊をしようものなら暑過ぎて寝付けなかったりとストレスにもなります。

騒音も気になるしどうすれば良いのか迷ってしまいますが2014年ごろから急速に普及してきたのがリチウムイオン電池を使ったサブバッテリーシステムを使うというもの。

サブバッテリーに比べて放電特性に優れ、繰り返しの充放電にも耐えるリチウムイオン電池のサブバッテリーシステムは、先進的なキャンピングカービルダーがこぞって採用しています。これなら長時間使うこともでき静かな状態で使うことも出来ます。

しかしまだまだ価格が高くさらなる技術の進化が待たれている。

以上が装備してよかった人気のキャンピングカー用品となっています。
いかがでしょうか。どれもあれば重宝することは間違いなく装備しておいて良かったと思えるものばかりではないでしょうか。
これらはキャンピングカーの用途に限らず普段からも使えて一般の車だとそうびすることも難しいのでキャンピングカーに搭載しておきたいパーツたちですね。


シチュエーション別キャンピングカー用品まとめ

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品

次はシチュエーション別にあると便利な、必要になるだろうキャンピングカー用品について見ていきたいと思います。
キャンパーたちは趣味を活かすために、キャンピングカーを購入する人が多いのではないでしょうか。キャンピングカーを購入して何をするかにもよって必要になってくるパーツは変わってくるのではと思います。車中泊では車中泊の、キャンプではキャンプでその時々で必要になってくるキャンピングカー用品も違うのでそれぞれのシチュエーション別に見ていきましょう。


車中泊時に便利なキャンピングカー用品

キャンピングカーで車中泊をしたいと言う方は多いのではないでしょうか。

車中泊で重要になるのが就寝場所。

寝る所をしっかりと確保し平らな場所で寝ることが最も重要となります。しっかりと就寝できるスペースを確保できてないと意外と寝苦しく寝付けなくなることがありますので就寝するスペースをちゃんと作るように心がけましょう。

キャンピングカーのベッドは大きく分けて2つあり常設用と兼用式となっています。両方とも様々な形態があります。どちらも寝台となっているため毛布や枕などの寝具が必要となりますので注意してください。またキャンピングカーの仕様上家庭のものよりも小さめなものがありますので寝台にあったサイズのものを揃えておくようにしましょう。


カーテン

窓に取り付けるカーテンはプライベートな部分を守ってくれキャンピングカーには基本的な要素となります。キャンピングカーは移動できる家というイメージですから寝室のプライバシーはしっかりと守りたいもの。なのでカーテンは欠かせないものとなります。
防犯の意味でもカーテンは役立ってくれますので車中泊しない人でも付けておいて損はないキャンピングカー用品となります。
シェードを使えばプライバシーや防犯の他にも冷たい空気の遮断にも役立ってくれるのでコチラを仕様するのもおすすめですよ。

>>おススメ キャンピングカー用品】『RISING車中泊カーテン』でぐっすり快眠!!

【おススメ キャンピングカー用品】『RISING車中泊カーテン』でぐっすり快眠!!


ベッドキット

車中泊するなら絶対に必要になると思います。
やっぱり寝るときにはできるだけ家の時同じ状態を保ちたいもの。段差があると疲労を深めてしまうので平らな場所で寝られるだけでも大分変わってくるのでベッドキットを取り付けた方は日々の疲れも取れるのではないでしょうか。
常設されていれば心配はないのですが軽キャンピングカーなどはスペースの都合上なかなか配置するのはキビシイものになります。なので折りたたみ式のベッドキットなどが必要になるのではないでしょうか。
折りたたみ式なら移動中など邪魔にならず収納しておけるのでおすすめです。

>>『LIDOOの車中泊用ポータブルベッド』で快眠できるキャンパーライフ!

【おススメ キャンピングカー用品】『RISING車中泊カーテン』でぐっすり快眠!!


エアコン・FFヒーター

キャンピングカーで車中泊してみるとわかりますがやっぱり車内は寒暖差に弱いです。夏は温度が上がり暑苦しくなりますし、冬は温度が下がりかなり冷えることになります。
そうなると必要になってくるのが暖房機器。エアコンやFFヒーターが手放せなくなるのではないでしょうか。エアコン、FFヒーターなどは車中泊以外でも普段から使えるので持っておいて損はないと思います。


キャンプ時に便利なキャンピングカー用品

キャンピングカーに乗ってキャンプに出かけるキャンパーも増えてきました。

キャンプ時にこれがあったらすごい便利だった。と思えるようなキャンピングカー用品をまとめてあります。

こちらもかなり多くの用品が出ていますので他にも使ええるものはあると思います。実際にキャンプに行ってこれがあったら良かったなと次回の参考にしてみるのが一番良いかもしれません。


冷蔵庫

飲み物や食材を冷やすのに重宝します。クーラーボックスという手もありますが持ち運びできる冷蔵庫も今では多く出ています。冷蔵庫なら保冷剤などの心配はなくなりますし電源さえあればずっとキンキンに冷えた飲み物が飲めるのが魅力ですね。

>>【キャンピングカー用品】おすすめしたい!キャンピングカーで使える冷蔵庫5選!

【キャンピングカー用品】おすすめしたい!キャンピングカーで使える冷蔵庫5選!


電子レンジ

電子レンジはほとんどの家庭に置いてあると思います。調理の際にあると非常に便利でキャンプ中はもちろん普段から重宝できるでしょう。
ただやっぱり電子レンジは消費電力がかなり大きくインバーターが別に必要になってくると思います。そうなるとコストが数十万くらいと高コストになってきます。
また設置場所も必要になってくるのでそちらの考慮も必要になります。
最近ですとポータブル電子レンジも出てきていますので設置を考えているキャンパーはこちらも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

>>電子レンジが外でも使えたらと思ってるあなたに『ポータブル電子レンジ ウェーブボックス』が超便利!

電子レンジが外でも使えたらと思ってるあなたに『ポータブル電子レンジ ウェーブボックス』が超便利!


ギャレー

ギャレーってわかりますか?
キャンピングカーの車内で調理ができるような場所のことを指します。良く使う人と余り使わない人とで意見が別れるものでもあります。
こちらはキャンピングカーならではという感じがしますしキャンプ以外のシーンでもよく使うのではと思います。主にシンクなどの流し場は手や顔を洗う、スープなどを流すのにも使えるのでこちらも日頃から使えるキャンピングカー用品ではないでしょうか。

>>水回りを充実!?『ステン角型小シンクセット』でキャンピングカーでも調理ができる!

水回りを充実!?『ステン角型小シンクセット』でキャンピングカーでも調理ができる!


カーサイドタープ

キャンピングカーの一部を利用してプライベート空間をつくれるのがカーサイドタープ。キャンプや車中泊時に活躍してくれます。短時間で設置ができプライベート空間を拡大してくれます。
こちらはキャンプなどしない人にとっては使うことはないと思いますがキャンプなどのアウトドアをする人にとっては楽に設置ができるのでおすすめです。
しかし風に弱いので少し強い風が吹くと接合部が破損してしまう可能性がありますので注意しましょう。

>>【おすすめキャンピングカー用品】簡単にプライベート空間を再現!?リアゲートタープで快適に

【おすすめキャンピングカー用品】簡単にプライベート空間を再現!?リアゲートタープで快適に


モバイルプロジェクター

こちらはちょっと番外編。
星空の下でアウトドアシアターを楽しみたいという方にはプロジェクターを使ってみてはいかがでしょうか。
持ち運びも楽になり簡単に映画など楽しむことができます。
自分のキャンピングカーに投影して暗くなった野外での映画鑑賞はとってもロマンチックですよ。

>>iphoneなどモバイルプロジェクターで車中泊でも大画面映画を!

iphoneなどモバイルプロジェクターで車中泊でも大画面映画を!


サイクリング時に便利なキャンピングカー用品

サイクリングに出かけるのにキャンピングカーに自転車を載せて出かけるという方も多くいると思います。そんなキャンパーはどうやって自転車を載せるかに悩んでいるのではないでしょうか。大切な愛車だからこそ大切に保管しておきたいですね。

サイクルキャリアを取り付けてサイクリングを楽しみましょう。


サイクルキャリア

車外収納

自転車の保管方法は大きく分けると2つあると思います。一つが車外に収納できるようにパーツを取り付けること。
キャンピングカーの外装に直接サイクルキャリアで自転車を取り付ける方法があります。こちらはキャンピングカーに限らずミニバンやステーションワゴンでも取り付けられますね。
ルーフマウントは車上に載せるタイプとなっており、リアマウントはリアゲートに取り付けて載せる形になります。
また牽引できる収納装置もありこちらは中にしまえるので防犯の意味もあります。

車内収納

もう一つはキャンピングカーの車内に載せてしまう方法です。突っ張り棒のようなバーを車内に設置してそこに固定します。こちらはキャンピングカーの車内が狭くなりますが防犯上でも一番優れていると思います。また汚れや傷からも守れるので大切な愛車を守ってくれますし安心して目的地まで運ぶことが出来ます。
どうせ収納するのならキャンピングカーの車内を有効活用してみるのも良いかもしれません。

>>ステージサイクルキャリア

ステージサイクルキャリア


釣り時に便利なキャンピングカー用品

釣りが趣味の人は釣り道具をのせて海や川に出かけるのではないでしょうか。収納場所に困るのが釣り竿だとおもいます。

こちらの収納に役立つパーツや釣りの後に便利あれば便利なキャンピングカー用品などを簡単にまとめてみましたのでご覧ください。


ロッドホルダー

釣りをしている人なら常識と言ってもいいのではないでしょうか。
天井部にロッドホルダーを取り付けてそこに収納すれば邪魔になりませんね。これがないと釣り竿が長かったりリールが以外に邪魔で困ってしまうことも。


ギャレー

キャンピングカーおすすめのパーツ・用品

ギャレーがあると釣ったその場で調理することもできますし釣った後の片付けも釣り竿など洗えるので便利だと思います。アウトドア全般で非常に役立つキャンピングカー用品ですね。
また最近はポータブルキッチンも出ていますので舎なしで調理する際の臭いなど気になる人には良いかもしれません。


キャンピングカーおすすめのパーツ・用品

それぞれのシチュエーション別に見ていきましたがいかがでしょうか。

キャンピングカー用品は星の数ほどありますのでこの他にも使えるパーツ・用品はたくさんあると思います。また取り付けるパーツも自分の予算や用途によっても変わりますのでビルダーの方と相談したりして何を装着するかどういったパーツが良いのか決めるのがいいのではないでしょうか。

皆それぞれ工夫しながら車内をどうするか、何を取り付けるか模索し自分だけのキャンピングカーを作り上げています。

これからキャンパーになる方もすでにキャンピングカーをお持ちの方もこの記事を参考にしてもらえればと思います。

キャンピングカーを充実させて素敵なキャンパーライフを送れますように。